アイムスキャットフードの正直な印象!あまり良くない点2つを紹介!

 

 

私が野良猫を保護し

一緒に生活を初めて7年が経ちました。

 

7年の間に猫も大人になり、

避妊・去勢手術も行いと色んな事もありましたが、

 

お世話になっていたキャットフードは

アイムスです。

 

猫を飼い始めて、

「ご飯は何が良いのだろうと?」

と全く無知の状態でしたが、

 

有名であること、

当時獣医師推奨と記載があったことで

安心して購入することができました。

 

アイムスを使い続けた中で、

私が感じた良い点、

 

あまり良くないと思った点について

ご紹介したいと思います。

 

アイムスが良いと思った点5つ

獣医師の知見に基づき開発されている

 

7年前は「獣医師推奨」

とパッケージに記載があったと思いますが、

 

昨年のリニューアルから

「獣医師の知見に基づき開発しました」

 

という記載に変更になっています。

 

飼い猫の健康診断や、

体調不良時の受診等の時、

 

私が通っている動物病院では

普段の生活状況等も聞きながら診察をしてくれます。

 

その際フードについての話も出るのですが、

アイムスを与えていると伝えると、

 

健康管理の観点からは

お勧めと獣医師から話があります。

 

もちろん、成分を理解したうえで、

獣医師が良いと言ってくれるの安心して与えることができます^^

 

どのフードにも毛玉ケア、下部尿路疾患への配慮がある(1歳以上用)

 

アイムスの1歳以上用のフードは、

目的や味別で8種類ありますが、

 

どの商品にも

「下部尿路の健康(FLUTH)サポート」と

「毛玉ケア」の記載があります。

 

私が猫を飼っていて感じているのは、

猫はよくもどす(毛玉の排出の為)ため、

尿路疾患になりやすいということです。

 

どの商品を選んでも、

この2点に配慮されてるというのは

 

非常にありがたいです。

 

費用が安価であること

 

我が家は猫が二匹居ます。

 

二匹とも食欲旺盛で、

身体も大きいので1ケ月で3キロ以上のフードが必要です。

 

これ以外にも、

猫の砂とおもちゃ、

(7歳前後の現在でもおもちゃで遊び、

月に数点は購入が必要な勢いで破損します(^-^;)で3,000円程かかります。)

 

また、医療費(ワクチンや、ノミまだにケア、フィラリア予防)

等も含めると毎月結構な金額がかかりますので、

 

できれば食費は抑えたいところです・・・。

 

アイムスは1.5㎏が1,000円程度

(購入店・フード別の目的により若干金額に差があります)なので、

 

3㎏でも2000円少々で購入することができます。

 

※ネットでは、ブリーダー用大袋が販売されておりもっと割安に購入できますが、

並行輸入品の中には輸入時の商品管理に

問題があるものもあるようなのでご注意下さい。(後述します)

 

気になる方は、

パッケージが日本語表記の物以外は

 

購入されない方が良いかと思います。

 

取り扱い店舗が多いこと

 

有名な商品であり、

ペットショップだけでなく、

 

ホームセンターやどドラッグストアには

必ず置いてあり大変購入がしやすいです。

 

多くの人は、

 

一ヶ月~二ヶ月ごとには

キャットフードを購入すると思いますが、

 

取り扱い店舗が少ないと、

購入しに特定の店舗に行くのが億劫になりますよね。

 

いくら良い商品でも、

購入できるお店が少ないと続けにくいし、

 

おすすめもしにくいと思います(^^;

 

インターネットで商品情報を詳しく見ることができる

 

同じように猫を飼っている人と話しをする時、

「フードは何を使ってるのか」

という話にはなることはないでしょうか?

 

フードによっては、

インターネットでは成分や機能面がわかりにくい物、

 

メーカーの㏋から

製品を探し出さないと詳細がわかりにくい物もあります。

 

アイムスは「アイムス 猫」と検索すると、

すぐに商品紹介のページにつながり、

 

サイト内も見やすく

わかりやすくなっています。

 

猫や飼い主のことを

きちんと考えられているんだな

 

という印象を受けます。

 

あまり良くないと思った点2つ

ここまで、お勧めのポイント5つをご紹介しました。

 

次に少し気になる、

あまり良くないと思った点を2つご紹介します。

 

粒が壊れやすい

 

猫が咀嚼しやすいという見方もあると思いますが、

少し粒が壊れやすいと思います。

 

普段はあまり気にはならないのですが、

使い終わり頃になると、

 

袋の下に粉や小粒がたまり、

捨てるしかない物が出てしまいます。

 

大袋の品質の問題(並行輸入品に限る)

 

2匹いる我が家は、

 

ブリーダーパックや大袋の商品を

ネットで購入することがあるのですか、

 

一度並行輸入品(アルファベット表記の物)

を購入した時のことです。

 

少し粒が油っぽく、

いつもより開封時の匂いが強いように感じました。

 

この時並行輸入品は輸入時の保管状態が

悪い物があるということを知りました。

 

大袋を購入する場合のみ注意が必要なことですが、

ご参考まで・・・

 

最後に

以上、おすすめポイント5つと、

あまり良くないと思う点2つをご紹介しました。

 

おすすめポイントを読んでいただいてわかるように、

アイムスは質も価格も良い商品で、

 

健康管理に役立つと思います。

 

もちろん、

猫の好みや健康状態によっては、

他にもっと良いフードがある場合があると思いますので、

 

飼い主さんがしっかり選んであげて下さいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルマガでは、

ブログではあまり話していない私の猫体験を、
包み隠さず話しています。


他にも猫を飼う上で必要なこと、急なハプニングの対処法、
猫さんに長生きしてもらうために私がしていることを話しています。



メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です