猫は感情表現豊かで、可愛くて夢中に!猫がストレスになるのを避けるのも大事!

年齢:26歳

性別:女性

母は猫が苦手で渋々もらってきた猫を飼う事に

 

私が小学生低学年の時に、

母の会社の同僚が公園の隅で大きなダンボールを見つけました。

 

そのダンボールの中には子猫が入っていて、

数匹のカラスに襲われていました。

 

母の同僚はダンボールに駆け寄りカラスを追い払いました。

 

ダンボールの中を覗くと、

生後間もないミックスの子猫と黒い子猫が9匹入っていました。

 

元々母の同僚は猫をかっており、

捨て猫を見つけて拾ったことがある人でした。

 

ですがその同僚は、もう引っ越しが決まっていて、

9匹も飼えない状態でした。

 

その為何匹か飼ってくれる人を探し、私の母にも声が掛かりました。

 

母は犬派で、猫が苦手でした。

 

私と兄が駄々をこねて飼いたいと言い続けた結果、

母は渋々もらってくることになりました。

 

元々1匹だけもらう予定でしたが、

ミックスの子猫2匹もらってくることになりました。

ペットを飼うのは初めてで可愛すぎて夢中になりました

 

初めてペットを飼う私は猫に夢中になりました。

 

最初は引っかかれるのを怖がりましたが、

慣れてきたら猫じゃらしのおもちゃで一緒に遊んだり、

 

ソファに座ると寄ってきて私のお腹の上で2匹仲良く眠っているのが、

可愛くて仕方ありませんでした。

 

外に遊びに行ったり、

ゲームしたりと今までの遊びよりも、

猫と一緒にいるのが幸せになりました。

 

猫は感情表現豊かで、嬉しい時、びっくりした時、怒った時、

 

かまって欲しい時、構ってほしくない時、ごはんが欲しい時、

手に取るように分かります。

 

子猫のうちは小学生の手のひらに乗るサイズで、

手を出すとちょこんと手の平に乗ったことは、

あまりにも可愛すぎて忘れられません。

 

カメラのフィルムも全て猫で埋め尽くされる程に夢中になりました。

扉を閉めても、朝になるとこじ開けて入ってくるのが悩み

 

まず、猫の毛が服に付くので、

洗濯をする時にガムテープで毛を取ってから、

洗濯しなければならなくなったのが大変です。

 

そのほかダンボール素材の爪とぎを買っても、

それ以外に壁に爪とぎされて壁がボロボロになりました。

 

今はもう壁で爪とぎしたら駄目だということを覚えたからか、

年寄りになったからかは分かりませんが、

壁で爪とぎすることはなくなったので良かったです。

 

あとは寝る時に猫が入らないように、

寝る部屋はドアを閉めていましたが、

 

朝ごはんが欲しいあまりドアをこじ開けてどうやって登ったのか、

分かりませんが二段ベッドの上に登ってきて、

 

お腹に乗って2匹で鳴き声攻撃。

 

寝坊せずに済みますが足の指をおもちゃにして、

噛まれたりしたのは痛かったです。

対策効果はありましたが…声が枯れていたのが可哀想でした。

 

猫の毛はどうにもならないので、諦めるしかありません。

 

私の友達で、気にしないで付けたままにしている子もいました。

 

壁に爪とぎされない為には、色々試しました。

 

ペットボトルに水を入れて壁側に並べたり、

ダンボールの爪とぎを壁に立て掛けたり、壁に爪とぎしたら、

コラ!と怒ってみたり…。

 

効果があったのは、ラティスを壁に立て掛けることでした。

 

爪とぎしたくてもラティスが邪魔で、

渋々ダンボールの爪とぎを使っていました。

 

入って欲しくない部屋には、

人間にしか動かせない重さのラティスをドア代わりにしました。

 

隙間から覗いてニャーニャー鳴きますが、

猫にはどうにもできなくて安眠でしたが、

私達が起きる時間には声が枯れていたのが可哀想でした。

忙しい人は2匹以上飼うことがおすすめ

 

忙しい人は特に、猫を飼うなら2匹以上がおすすめです。

 

気まぐれな猫ですが、遊び相手がいない、

 

構ってくれる人がいない、ではストレスになります。

 

2匹以上飼うと縄張り争いのようなもので、

猫たちの中で順位を決めるようです。

 

飼い主の立場としては平等に構ってあげるといいと思います。

 

嫌がる時は無理に構わない方が猫のストレスになりません。

 

かまって欲しい時は寄ってくるので、

その時にはたくさん撫でてあげてください。

 

外に出すよりも室内飼いの方が清潔ですし、

事故に遭う心配もありません。

 

その代わり運動不足にならないように、

しっかり家の中で運動させてください。

 

走るスペースがない場合はキャットタワーは必須だと思います。

 

車に乗せるのは病院以外は極力しない方が、

ストレスになるのを避けられるはずです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルマガでは、

ブログではあまり話していない私の猫体験を、
包み隠さず話しています。


他にも猫を飼う上で必要なこと、急なハプニングの対処法、
猫さんに長生きしてもらうために私がしていることを話しています。



メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です