初めて猫を飼いました。愛情をもって猫の毛に接した結果、、、

年齢:51歳

性別:男性

実際に猫を飼いだしたら段々と可愛く見えてきました。

 

15年前に知り合いがいきなり家に来て、

子猫を拾ったけどどうしても一匹だけ飼い主がみつからないので、

飼って欲しいと言われました。

 

犬は飼ったことがあったのですが猫はなかったので断ったのですが、

無理やり置かれて帰ってしまいました。

 

どうしようかと思ったのですが、

見ると生まれて一か月くらいの子猫で、

このまま捨てたら死んでしまうかもしれないと思い、

仕方なく飼い始めました。

 

可愛いことは可愛いのですがいたずらが多く、

最初は本当に困って捨てたいと何度も思いました。

 

それが成長するにつれて段々とおとなしくなり、

その可愛い仕草から完全にメロメロになりました。

 

今ではどうしてもっと早くに猫を飼わなかったのか、

後悔しているほどです。

床に目立つほどの猫の抜け毛で慌ててお掃除

 

大人の猫になって体も大きくなった頃から抜け毛には困りました。

 

春と秋になると大量に抜け出してきて、

床は毛だらけになるし黒い服は毛がびっしりとついて目立つので、

人前では着られなくなりました。

 

自分は花粉症やアレルギー体質ではなかったので、

何とも思わなかったのですが、

 

花粉症の知り合いが家を訪ねてきた時、

猫の毛からくしゃみと鼻水が止まらなくなって大変な目にあいました。

 

慌てて掃除をすると取っても取っても毛が出てきて、

ここまで毛が抜けて広がっていたのかと驚きました。

 

フローリングは目立つのでどのくらいの毛があるのか、

分かりやすいのですが、

畳は本当に分かりづらかったです。

 

また絨毯に関しては全く分かりませんでした。

 

あの小さな体のどこにここまでの毛があるのか飽きれたほどです。

犬の毛よりも猫の毛の方がアレルギーの人は敏感である。

 

うちの猫は白と黒のツートンカラーの猫なのですが、

黒い毛よりも白い毛のほうが目立つようで、

黒い服に毛がつくとみるも無残な光景が待っています。

 

粘着シートを使って取れはするのですが、

抜け毛の激しい時期は常に毛が空中を舞っているいるので、

やってもやってもきりがありません。

 

あと、アレルギー体質や花粉症の人は、

毛が抜ける時期には全く呼べませんでした。

 

犬の毛は何ともない人でも、

猫の毛は細いのですぐにくしゃみがでてくるようです。

 

自分の家に友人が集まる時がある場合、

その中に花粉症やアレルギーの人がいないか常に気を配っています。

 

今まではそんな気苦労をすることがなかったので、

これも猫を飼ったことによる試練かと諦めました。

 

それからは年々抜け毛が酷くなっていき、

洗った食器にに毛がついていて、

そのまま口に入れてしまうのは当たり前になりました。

 

目にいれても痛くないほどに愛おしい存在となっているので、

そんなことがあっても我慢できますが、

 

それほど愛着のない人には頭にきて、

手をあげたくなるだろうなと思っています。

 

それにしてもあれだけいつも体をなめているのに、

それでも出てくるのですから、

猫の抜け毛というのは本当に厄介な問題でもあります。

色々な方法がありますがやっぱりすいてあげると喜びます

 

とにかくこまめに毛をすいてあげるしかありません。

 

水をとても嫌うので、

物理的に除去するしか方法はないように思います。

 

ただ猫というのはというのは毛をすかれるのが好きたタイプが多く、

すいているととても気持ちいい顔をしてくれて、

時にはすくためのためのブラシを出しただけで、

駆け寄ってきて横になり、

すいて欲しいと要求してきたりします。

 

あと掃除機で吸い取る方法もありますが、

この方は簡単なのですが掃除機を嫌がる猫もいるので注意が必要です。

 

そして猫の毛は細いので、

掃除機が壊れる可能性もあるのでお勧めはできません。

猫の毛をすく時のポイントはお腹の毛です!

 

猫は夏毛に生え変わる初夏が特に多く毛が抜けます。

 

それはいくらすいても出てくるほどできりがないように感じます。

 

猫は常に体をなめていて、よく毛玉を吐いたりします。

 

それからして猫は自分でも毛の処理ができるのかと思われがちですが、

あの程度ではとても追いつかないほどに、

猫の毛は抜けると思って下さい。

 

猫はおなかにもしっかりとふさふさの毛があります。

 

それも猫のチャームポイントなのですが、

それによって更に抜け毛に拍車をかけているのは確かです。

 

猫の毛をすくときは、

このおなかの毛もしっかりととってあげてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルマガでは、

ブログではあまり話していない私の猫体験を、
包み隠さず話しています。


他にも猫を飼う上で必要なこと、急なハプニングの対処法、
猫さんに長生きしてもらうために私がしていることを話しています。



メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です