【必見!】猫の飼い方がわからない初心者さんへ!猫との生活で必要なことは?

 

かわいい姿、声、眼差し…

 

出会って猫を飼うことを決めても、

初めての初心者の方は何から用意するのか、

 

どうしていいのかわからないと思います。

 

私は初めて子猫の兄弟を迎え入れてから8年になります。

 

うちの子たちの場合は、

主人の会社でノラ生活を2、3週間していました。

 

会社で「危ないので保健所に電話しよう」

 

という話が持ち上がり、うちで飼うことになりました。

 

実は以前は家でペットを飼うことは反対派。

私は金魚以外飼ったことがない初心者でした。

 

しかし、

昔ロシアンブルーを飼っていた主人が段取りをしてくれおかげで、

 

どっぷりと猫にハマって、

楽しい猫ライフを始めることが出来ました。

 

主人がはじめにしてくれたことをみなさんにもお伝えしますね。

 

動物病院へ連れて行く

猫を飼うとき、

ペットショップ、譲渡、保護など猫ちゃんとの出会いの形は様々です。

 

ペットショップで購入して迎え入れた場合はあまり心配ありませんが、

 

保護の場合は寄生虫が居たり、

ノミや病気に感染している場合もあります。

 

いざ何か心配なことがあった場合のためにも

自分が信頼できるかかりつけ医を見つけておくことが大切です。

 

もし、

ペットを飼っている知り合いや友人が居たら、

どこの病院に連れて行っているかなど、

 

リサーチをすることが一番良い情報を掴めると思います。

 

それは自分の信頼できる人が大切な家族である

猫ちゃんやワンちゃんを連れて行く病院なので、

確実な情報だからです。

 

うちの子たちの場合、

動物病院へ連れて行くと寄生虫とノミがいると診断されて、

 

飲み薬を処方されました。

その薬を飲ませると便と一緒に寄生虫を出します。

 

その寄生虫が出た時は猫砂は新しくても全部処分しなければいけません。

寄生虫は一回排出されるともう大丈夫だそうです。

 

今後、三種混合のワクチンや去勢手術など今後もいろいろとお世話になりますよ。

 

病院に連れて行く時にはキャリーゲージに入れて移動するので、

用意しておきましょう。

 

トイレを設置しましょう

まずはトイレを用意してあげましょう。

 

トイレの種類は、

ドームタイプ、ハーフドームタイプ、オープンタイプ、ベーシックタイプ、

コンパクトタイプなどがあります。

 

うちでは、

猫砂の飛び散りが少ないドームタイプを使用しています。

 

猫砂を入れる部分の下にトレーがあります。

そこにペットシートを敷きましょう。

 

掃除が楽になります。

 

ペットシートは他に、

 

香りで付きで消臭効果のあるデオシートや木材、親水化剤、抗菌剤を材料としたマットなどがあります。

 

私ははじめはマットを使用していましたが、

 

愛猫家の方に教えて頂き、

今はデオシートを使用しています。

 

猫砂にこだわると掃除が楽!猫砂選び

 

猫砂も形状や性質の種類があります。

 

値段、場所、飼い主のこだわり、

猫自身のこだわりや好みもあるようです。

 

気にいらない猫砂だとそのトイレを使わない子もいるみたいです。

 

猫砂の材質の種類は、

ひのき、針葉樹、おから、鉱物製のベントナイト、

再生パルプなどの紙製、ゼオライト、シリカゲルなどがあります。

 

形状も縦長一粒あたりの長さ2〜2.5センチくらい大きめの粒、

 

縦長の粒で長さ1〜1.5センチくらいのもの、

小さめ粒で長さ5ミリくらい、

 

極小粒 長さ3ミリくらい、

 

均一の丸形1センチや丸形楕円で形と大きさが不揃いで、

1.5〜2.5センチくらいのものなどがあります。

 

原産国は日本産、ドイツ産、中国産などです。

 

消臭、抗菌、脱臭剤、 防臭、緑茶成分入り消臭などの

機能を持ったものもあります。

 

細かい砂は固まることがセールスポイントで掃除しやすくなっています。

 

また、大きめの粒は逆に固まらないことを売りにしていて、

 

汚れた部分のみをすくって不足した分を補給し、

一袋3.5L で愛猫1匹で約2ヶ月、2匹で約1ヶ月使用出来るものもあります。

 

処分はどうなの?

と気になるところですが、

可燃ごみやトイレに流せるものもあり、

 

詳しくは猫砂のパッケージに記載されています。

 

裏面に親切に分かり易く説明している商品が多いです。

 

うちでも掃除のことを考えて、

 

なるべく飛び散らないもので、

にゃんちゃんが喜んでくれるものをと、

 

愛猫家の先輩方のお話を聞いたりいろいろ試しました。

 

初めは国産ひのき→緑茶成分入りサンド

 

現在は天然ゼオライト、シリカゲル、はっ水剤などを原料とした、

ラクラクサンドという猫砂を使用しています。

 

うちは1匹に一つずつトイレを設置しているので、

一袋で2か月くらいを目安に交換しています。

 

今使用している猫砂は持ちも良く、

飛び散りが一番少ないように思います。

 

猫砂がうっかり少なくなっていて、

大量に足してあげた時にかなり喜んでくれます。

 

猫にとっては量も重要かもしれません。

 

たくさん食べさせてしまうと後でかわいそうなことに

一般的に餌と言いますが、家に迎え入れると家族のようになるので、

私はごはんと言っています。

 

猫を飼っている方に聞いてみると、

結構同じような考えが多いです。

 

ごはんには、

パウチ、缶詰、ドライフードなどの種類があります。

 

生まれたての子猫ちゃんは、

 

自分自身でまだ飲めないので、

ミルクを飲ませなければなりません。

 

人間の赤ちゃんと一緒で飼い主さんがお母さんとして、

子猫にミルクを飲ませてあげる必要があります。

 

ごはんも子猫用、

7歳以上、11歳以上や15歳以上用、

 

毛玉ケア、尿路結石ケア、総合栄養食などがあります。
味もチキン、まぐろ、かつおなどの他、様々な種類があります。

 

人と一緒で猫もその子によって、

好みがあります。

 

兄弟でもこの子は食べるけど、

こっちの子は食べないこともあります。

 

ドライフードは通称カリカリと呼ばれています。

 

うちの食いしん坊の次男にゃんこは、

時々缶詰をあげて、

大体はカリカリをあげていました。

 

だんだん賢くなって、

缶詰が美味しいと思ったようで、

 

カリカリをあげると怒ったりスネるようになりました。

 

可愛さのあまり喜ぶ顔が見たくて、

缶詰ばかりあげるようになりました。

 

見事に肥満体型になってしまい、

病院に行った時にダイエットするように言われてしまいました。

 

カリカリ生活が始まりましたが、

初めは怒っていましたが、

 

お腹が空くと食べるようになります。

 

かわいさのあまり、

おやつや缶詰、

パウチのあげ過ぎは尿路結石などの病気に繋がります。

 

かわいいし、喜ぶ顔が見たい!

 

でも、後のことを考えると可哀想なので、

バランスよくあげましょう。

 

それに尿路結石になってしまうと、

 

2キロ4000円などの尿路結石専用ごはんを食べてもらわなければなりません。

 

去勢手術ってどうなの?いろいろな意見を聞いてみましょう

子猫から飼う場合は去勢手術もあり、

生後6ヵ月〜1歳くらいの時期が望ましいと言われています。

 

男の子か女の子で料金やかかる時間も変わってきます。

 

男の子の場合はスプレーというおしっこをしてしまうので、

去勢手術を検討している場合はお早めに。

 

去勢手術については賛否両論あります。

 

猫を飼うルールとして基本室内飼いです。

 

もしも、

外に出てしまった場合、

女の子の場合妊娠してしまう可能性があります。

 

猫は同時に3〜4匹産みますので、

その時に困ったり、

 

不幸な子が出ないためにも推進する意見が多いです。

 

人間に置き換えるとなんだかかわいそうだし、

自然でいいんじゃない?

 

という意見もあります。

 

猫への愛情が増すほど、

ものすごく悩みますが、

 

今の現状やその子にとってのベストを飼い主さんが考えて、

選択してあげましょう。

 

暑さ対策と寒さ対策もしてあげましょう

暑くなると大の字になって寝て夏バテしている人間かのように、

お腹を出して寝ます。

 

夏はフローリングの涼しい所でなんだかダルそうに寝ています。

 

クーラーをつけると風が良く当たる場所に移動したり、

なかなか賢いです。

 

アルミ製の板やジェルマットも暑さ対策にいいと思います。

 

うちの子は3日でジェルマットをボロボロにしてしまいましたが、

イタズラしない子もいるので試してみてくださいね。

 

寒くなると本当に寒そうにしていますので、
あったか対策をしてあげましょう。

 

うちは3匹いますが、

ふわふわのベッドに3匹集まっ寝ています。

 

日中の日が照っている時間は窓際でひなたぼっこしています。

 

毛布や布団でもいいと思いますが、

うちは猫専用こたつを購入しました。

 

もちろん、こたつに一緒に入るのもいいですよね。

 

冬に一緒に寝るのもあったかくて、こちらも癒されますよ。

 

甘える時の仕草がかわいすぎます。

 

家を破壊される原因⁉︎爪とぎも大切!

猫は爪のお手入れが重要です。

猫は爪を研ぎますし、爪切りも必要です。

 

爪切りは人や他の猫を傷つけないため、

家や家具、カーテンなどを傷つけないためでもあり、

 

爪が伸びてしまうと猫自身の肉球に刺さったり、

変形してしまったりするからです。

 

主人が猫の爪を切っている時はお父さんが小さな子の爪を切っているようで

てもかわいくて、癒される光景です。

 

小さい子と一緒でイヤがったり、

急に動いたりもします。

 

爪にも神経が通っているので、

切るのは先の少しだけです。

 

ここは本当に注意してくださいね‼︎

 

爪とぎの理由は

ストレス解消、

自分のニオイをつけてマーキング、

 

古い爪を剥がして新しい鋭い爪を出すため、

かまってのアピールなどです。

 

爪とぎの種類は段ボールなどの紙製、

プラスチックや木材にカーペットなどを貼り付けている布製、

 

麻や木に麻縄を巻き付けたものや木材などの種類があり、

 

猫ちゃんの好みで嬉しそうに爪とぎをしたり、

見向きもしなかったり。

 

材質もありますが、位置も重要です。

 

立って爪とぎする方が好きな子もいるからです。

 

爪とぎを甘く見ていましたが、

 

実はうちはにゃんちゃん達の手により、

家を破壊されました…

 

最大の理由は爪とぎのしつけをしなかったからです。

 

爪とぎのしつけは子ねこのうちにしなけれいけませんが、

 

それについては主人も知らなかったようで、

和室の襖は貫通し、

壁紙はボロボロになり、

 

特にうちの長男にゃんこは角の壁で立って爪とぎするのが好きみたいで、

家の角は全て全滅です。

 

しつけの方法は子どもをしつけるように、

手足を取って、

ここでするんだよと教えてあげて…

 

出来たら褒めてあげたり、

ご褒美をあげるといいそうです。

 

何人かの愛猫家の方々はきちんとしつけて、

家をボロボロにする事はないと言ってました。

 

かわいすぎてたまらない!猫は子どもみたいな存在です

猫を迎え入れる準備としては、

 

・トイレ、猫砂、ペットシートやマットなどの用意

・ごはんの用意

・爪とぎ器の用意

・暑さ、寒さ対策の用意

・キャリーゲージの用意          

 

他に一緒に住んでみて、

おもちゃや猫は広さよりも高さが重要で、

キャットタワーは高さがあるものを選ぶと喜ぶとか、

 

ブラシも必要かも…など、

 

更に必要なものが分かってきます。

 

トイレの排泄物の処理、

ご飯をあげる、

ワクチンを受ける、

病院に連れて行くなど、

 

猫を飼うことは子育てに似ていると子どもを産んで実感しました。

 

遊んであげたり、

多頭飼いの場合は猫同士でじゃれたり、

 

時々ケンカしながら成長していきます。

 

疲れた時や落ち込んだ時には、

察したかのように癒してくれることもあります。

 

良かったと思えることがたくさんありますよ!

 

さあ、これから猫ライフを満喫しましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルマガでは、

ブログではあまり話していない私の猫体験を、
包み隠さず話しています。


他にも猫を飼う上で必要なこと、急なハプニングの対処法、
猫さんに長生きしてもらうために私がしていることを話しています。



メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です