猫に必要なお金は大変ですが、いつでも見守ってくれる一番の友達です!

年齢:40歳

性別:女性

猫の方から近づいて来るように、可愛いのでそのまま飼うことに

 

私が20歳のときです。

 

当時住んでいたマンションの自転車置き場に、

とても小さな可愛い子猫がいました。

 

とても可愛いくて近ずいていったのですが、

少し警戒して逃げられたりしましたが、

 

私もあまりの可愛いさに、

少しでも触りたいという気持ちがあって、

近ずきました。

 

でもやっぱり少し警戒して逃げられてを何回も繰り返しました。

 

どれくらい繰り返したかはわかりませんが、

そのうち、ニャーと泣きながら私の方に来てくれました。

 

私はそのまま抱っこしました。家に連れて帰って牛乳をあげました。

 

ニャーニャーと泣きながらも牛乳を飲んでくれました。

 

その時の私は猫を飼おうとは思っていなくて、

ただお腹を空かせているようだったので、

 

牛乳をあげたらまた元の場所に元すつもりでしたが、

あまりの可愛いさにそのまま飼う事になりました。

猫が家に帰ってきて飼い主としての自覚が芽生えました

 

猫を飼う事は初めてだったので、全くわからないことばかりでした。

 

飼い始めて何日かたったある日、家のドアを開けっ放しにしていて、

猫がそこから出ていってしまいました。

 

もう帰ってこなかったら仕方ないと思っていましたが、

何時間かしたら戻ってきました。

 

このこにとっては、

ここがもう家になっているんだと思い嬉しくて、

 

それからは本格的に飼おうと決めました。

 

猫のことは何もわからなかったので大変でしたが、

とにかく可愛いくていつも癒されました。

 

どんなに嫌な事があっても猫と一緒に遊んだり、

抱っこして触ったりしているだけで本当に癒されました。

 

私はそれまでは犬派だったのですが、

すっかり猫の魅力に取りつかれてしまって、

今では完全に猫派になってしまいました。

猫の知識がなく飼いながら覚えて大変な思いをしました

 

猫を飼った事がなかったため、最初のうちは本当に大変でした。

 

何をどうすれば良いのかが全くわからなかったからです。

 

エサもどうすれば良いのかわからず、

とりあえずペットショップに行って、

そこに置いてあるエサをあげる事から始まりました。

 

トイレもどうすれば良いのかわからずでした。

 

ペットショップでトイレも売っていると知り買ってきました。

 

砂も用意しました。でもトイレを教える事も大変でした。

 

何回もトイレに連れていき覚えさせました。

 

それまでは、ベッドの上にされたりした事もあって大変でした。

 

そして、サカリがある事も知らなかったため、

その時期は一日泣きっぱなしで、夜中も寝る事が出来なかったです。

 

あまりにもひどくて我慢出来なくなり、

病院に連れて行き避妊の手術をしましたが、

 

費用がそんなに必要だと知らなくて、

猫を飼う事は簡単ではないと思いました。

歳をとって弱っているのを見るのがとても辛い

 

とにかく何も知らない事だらけだったので大変でした。

 

避妊手術の費用もだし、とにかく病院代がすごく高かったです。

 

そしてエサやトイレの砂など、

こんなにお金が必要なのかと改めて感じました。

 

自分が生活していくお金もやっとという感じだったので、

猫に必要な毎月のお金が大変でした。今その猫はもう21歳になります。

 

人間でいうと、百歳はとっくに過ぎていると病院の先生に言われました。

 

やっぱり毎年弱ってきているのが、目で見てわかるので、

それがとても辛いです。

 

でもまだ元気に動いたりよく食べたりもするんですが、

腎臓病になって毎日薬を飲まないとダメになってしまい、

弱ってきているのに捕まえて、

 

嫌がるのに無理に毎日薬を飲まさないとダメなのは可哀想で、

弱っていく姿を見ているのは辛いです。

猫はいつもそばにいてくれた一番の友達

 

とにかく毎日癒されます。

 

可愛いくて膝に乗ってきて寝ている姿を見ると、私の心も落ち着きます。

 

大変だしお金もたくさん必要ですが、

知り合いからまた子猫を貰ってしまい、二匹になりました。

 

初めて飼った猫はもう21歳になります。

 

うちの子供達よりも長い付き合いです。

 

私の一番の青春時代をずっと一緒に過ごしてきました。

 

私のことは何でも知ってるはずです。

 

私が彼氏とケンカして泣いた事や別れた事、親とケンカした事、

いつでも猫が側にいました。

 

結婚したときも子供が生まれたときも、

いつでも私の事を見守ってくれていました。私の分身みたいな物です。

 

いつでも私の話しを聞いてくれて、

膝の上に乗って慰めてくれたりして、

 

私の一番の友達です。

 

猫を飼っていて本当に良かったです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルマガでは、

ブログではあまり話していない私の猫体験を、
包み隠さず話しています。


他にも猫を飼う上で必要なこと、急なハプニングの対処法、
猫さんに長生きしてもらうために私がしていることを話しています。



メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です