猫を飼い始めた時の喜びを忘れずに!大切に心を込めて接します

年齢:36歳

性別:女性

一度は許されず…捨てに行くも結局は探して飼う事に

 

最初の猫を飼ったのは、私がまだ小学5年生の時でした。

 

大きな屋敷の庭に捨てられていた、

段ボールの中にはよく似た顔の5匹の子猫がいて、

お腹をすかせているようでした。

 

友達とそれぞれが一匹ずつ持って帰って飼い主を探すことにして、

それぞれの親に相談に。

 

しかし私の親はペットを飼うことを許してくれず、

泣く泣くまた捨てにいったのです。

 

その時に父親に幻滅し、泣き喚き、

母がまた猫好きだったこともあって、

 

「いいからつれて帰ってきなさい」といってくれ、

また探しにいきました。

 

あんなに小さくて可愛い生き物を捨てて来いなんて、

大人は残酷だと心底腹がたっていましたので、

 

飼っても良いといわれたときには嬉しくて、

また泣いてしまいました。

 

一匹目の猫はそうして我が家に来ました。

 

以来、違う種類の猫もあわせて4匹と出会いがあり、

現在はその4匹目が家にいます。

子供ながら猫を大切に思う心が芽生える

 

猫がいると、その場が和らぎます。

 

なんてことない家族の日常にするっと入り込んで、

気がつけば柔らかくて可愛いものが、

ちょこんと座ってこっちを見ているのです。

 

ちょっとしんどいことがあった時や辛いことがあった時など、

家に猫がいてそばに座ってくれるだけで、

どれだけ慰められたでしょうか。

 

また、家に帰ることが楽しみになります。

 

帰ったらあの子がいる、

お腹すかせてるだろうなあと思うことは、

 

子供心にも大切にしなきゃならない存在を、

感じて暖かくなったものでした。

 

大人になってからは気軽に長期の旅行などには、

行けなくなりますので残念に思うこともありましたが、

 

夜に甘えて布団に入ってくる猫がいることで、

私の心も家族の心も柔らかくなっていると思います。

猫の毛が部屋中に舞うので刈り取るべきか悩みます

 

現在飼っている猫は長毛種なので、抜け毛が凄いことです。

 

家中にちらばってふわふわとうき、

どれだけ掃除をしても完全に綺麗になるということがありません。

 

ですから外に出るときには、

ローラーで服についた毛を取らなければなりませんし、

 

誰かに何かを上げるときにも毛がついていないかを、

慎重に見る必要があります。

 

猫も毛玉が出来て気持ち悪いようなのでトリミングも考えましたが、

店によっては全身麻酔をかけることもあると知って躊躇しています。

 

3匹目の猫を全身麻酔で亡くしていますので、

麻酔をかけなければならないのであれば、

 

やめようかなあとも思いますし、

それでも毛で猫も困っているようなので、

 

やっぱり刈り取るべきか、

と悩みます。

 

特に暑い夏は可哀想です。

一番いい方法はブラッシング

 

仕方ないのでたまに家庭用のハサミで毛玉を切っています。

 

夜に膝に抱っこして撫で、

指が毛玉にあたったらハサミで切るしかありません。

 

一度人間用のバリカンを使おうかとしたことがありますが、

毛が柔らかすぎて無理でした。

 

抜け毛が色んなところにひっつくので、

毎週のブラッシングはかかせませんし、

 

玄関にはローラーを置いて外出前の服から猫の毛を取るようにしたり、

お客様がいらっしゃったら、

同じようにローラーを使ってもらったりします。

 

効果があるのはやはりブラッシングで、

定期的に抜け毛をとることです

 

きっちりやっていれば猫も自分で舐めてとりますので、

部屋の中に散らばる抜け毛の量はかなり違って来ます。

 

長毛種にはマメなブラッシングがどうしても必要だと思います。

辛い時に寄り添ってくれると猫の有難さに気付きます

 

猫がいると心が安らぎます。

 

暖かくてふわふわでモコモコで、

綺麗な目でじっとこちらを見てくる小さな生き物です。

 

特にこちらが辛い状況にいる時に、

その存在の有難さに気がつきます。

 

犬と違って熱心に甘えてくれることはありませんが、

泣いている時などにはそっと寄り添ってくれることが多く、

猫がいて救われたなあと思います。

 

冬に一緒に布団の中で眠るときなどは湯たんぽの代わりになりますし、

猫のゴロゴロと喉を鳴らす音で自然と眠りに引き込まれてしまいます。

 

こちらもかなりリラックスさせて貰っているんだなあと、

気がつく瞬間です。

 

また朝、お腹がすいたと同じ時間に起こしてくれるので、

目覚まし時計がいらなくて便利でもあります。

 

平日は寝過ごしがなくて助かります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルマガでは、

ブログではあまり話していない私の猫体験を、
包み隠さず話しています。


他にも猫を飼う上で必要なこと、急なハプニングの対処法、
猫さんに長生きしてもらうために私がしていることを話しています。



メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です