ありがとう!猫が家族の話題になり家族が団らんするように

年齢:20歳

性別:男性

引き取った猫の引き受け先が見つからず…家で引き取る事に

 

中学三年生の時、

近所に住んでいる幼馴染の家のガレージに野良猫が赤ちゃんを、

4匹産んだという話を聞きました。

 

すでに3匹は引き受け先が決まったようでしたが、

1匹だけまだ余っていました。

 

その幼馴染の家族はペットを飼えない事情があるとのことで、

しばらく僕の家で引き受け先が見つかるまで預かることにしました。

 

僕の家では、

すでに犬を1匹飼っていたので猫を飼う余裕はありませんでした。

 

さらに僕の家では父親の威厳が強くペットを飼うことを、

あまり良しとしてはいなかったので、

うちで飼うことはないと考えていました。

 

しかし、猫の引き受け先が見つからず1ヶ月が過ぎました。

 

その時に父親が「もう(猫を)飼ったらどうや?」

と言いました。

 

1ヶ月共に世話しているうちに猫が可愛く思えたようで、

猫を飼うことを許可してくれました。

 

そうしてその猫を引き取ることになりました。

家族が明るくなりました、自身は猫アレルギーが発覚!

 

猫を飼ったことによって、家庭が明るくなった気がします。

 

猫は誰がかまわなくても一人で走り回ったり遊んでいたりするので、

見ていて楽しい気持ちにさせられとても愛くるしく感じます。

 

たまに犬にちょっかいをかけて2匹で戯れているところを見ると、

ほっこりとした気待ちになります。

 

それを家族で見ていて笑いが起こったり、

それが会話の話題になって話が弾んだりします。

 

あと猫を飼ってから、

自分自身が猫アレルギーであることが分かりました。

 

猫を触った手で目や鼻を触ると、目が痒くなって充血したり、

鼻水が止まらなくなるなるということが起きます。

 

それに気づいた時はショックでしたが、対処として、

猫を触ったあと手を洗えば、生活に支障が出ないことがわかったので、

 

あまり問題ではありませんでした。

猫の行動に驚かされ不安になる時があります

 

猫は色々走り回ったりとても落ち着きがないです。

 

自分たちが思いもしないような行動をとったりして、

 

度々驚かされたり不安になったりすることもあります。

 

カウンターの上にある花瓶などの物を落として、

壊れたりすることはよくありますし、

 

そんな狭い隙間にどうやって入ったんだ?

というような場所に挟まっていたりします。

 

障子もよくやぶれますし、カバンなどで爪とぎをされて、

傷つくこともあります。

 

特に困ったことは、猫が勝手に外に出ることです。

 

夏だとベランダに通じるところをガラス戸ではなく、

網戸にしていたりすると、

 

爪を引っ掛けて自分で外に出ることがあります。

 

僕の家はマンションの4階に位置しているので、

誤って下に落ちてしまわないか不安になります。

対策によって物が壊れたり傷がつく被害は減りました

 

まず、カウンターなどの上の物を壊されることについては、

出来るだけ壊れやすいものを置かないように気をつけています。

 

あと猫が入りたいと思うような隙間は物を置いたりして、

猫に入らせないようにしました。

 

爪とぎによって物が傷つくことについては、

カバンを猫の目に入らないように、

使ったらすぐクローゼットに収納することを徹底しています。

 

一番の悩みであった猫が勝手に外に出ることについては、

網戸を勝手に開けられないように、

専用の道具を雑貨店で買ってきて使用しています。

 

これらの対策のおかげで、

物が壊れたり傷つくようなことも少なくなり、

 

たまに猫の被害が出ても、

自分たちの対策が甘かったなと、

 

1本取られたような気持ちになって、

許すことが出来ます。

猫がいると悩みも忘れて、家族団らんの機会も増えました

 

猫がいることで、悩んでいる時間が減ったような気がします。。

 

何か日常生活で悩みや嫌なことがあって落ち込んでいるときも、

猫はいつも飄々としているので、

 

今まで悩んでいたことがバカらしく思えて気持ちが楽になります。

 

たまに猫じゃらしなどを使って猫と遊んでいたりすると、

気がつけば辛いことも忘れていたりします。

 

晩ごはんなどの時に、

「この前猫がこんなことをしていて面白かった」とか、

 

猫が家族の中心になることで家族団欒の機会が増えました。

 

家に帰ってきた時に、

誰もいないとなにか寂しい気持ちが襲ってきます。

 

そんな時に、

奥から猫が足元に擦り寄ってくると気持ちがあたたかくなります。

 

このようにふとした寂しい気持ちに襲われることも少なくなりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルマガでは、

ブログではあまり話していない私の猫体験を、
包み隠さず話しています。


他にも猫を飼う上で必要なこと、急なハプニングの対処法、
猫さんに長生きしてもらうために私がしていることを話しています。



メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です