家族が一人増えた!責任を持って猫を飼いましょう

年齢:52歳

性別:女性

猫を飼う事が当時では嬉しい出来事でしたし今でも好きです

 

子供の頃何匹か飼っていました。

 

一代目は会社帰りの父親に懐いてついてきた茶トラです、

まだ子猫で家までついてくるくらいなので、

 

とても人懐っこいやんちゃな猫でした。

 

元々猫が大好きだった私は当時小学一年生でしたので、

飼うことになったときは嬉しくて、

 

テンションが上がりまくりでした、

当時は生まれてから一番嬉しい出来事だったかもしれません。

 

可愛い男の子の茶トラにさっそく「とみ」と名付けました。

 

何故「とみ」だったのか?

本当は「TOM」のトミーだったかもしれませんが、

家族皆「とみ!」と呼んでいました。

 

今は事情があり飼ってはいないのですが、

異常とも思えるほどの猫好きは現在も変わらず、

 

猫動画が大好物で自分でも不思議な位猫を見ていると幸せに浸れます。

活発で引っ掻かれたり噛みついてきたり手を焼きました

 

元気でやんちゃなオスの子猫ですから、

 

予想以上に活発で寝ている時以外は常に遊びの対象を探して、

飛び跳ねている感じでした。

 

歩いてるだけで飛び掛かって来るのは当たり前で、

噛まれたり遊んでいるのだけどつかんだり抱っこすると、

 

引っ掻かれたりで傷が絶えませんでした。

 

そんなことはまったく平気で毎日遊んでいましたが夜布団に入った時、

布団から足や手が出るとすぐに狙って、

 

噛みついてくるのには参りました、

兄と二人でギャアギャアと笑い怖がっていた事を凄く覚えています。

 

少し大きくなると大人しくなって、

学校帰りに家のベランダを見上げると、ぎりぎりの所に座って上から、

 

「にゃー(お帰り)」と言ってくれたり、

日向ぼっこしながら寝ている姿も懐かしく思い出します。

当時と現在は食事や避妊手術など飼い方が違ってました

 

当時はまだキャットフードなどを食べさせている家庭は、

少なかったのかな?と記憶していますし、

 

避妊手術などもせず外遊びさせている飼い猫が沢山いました。

 

我が家も同じでじゃこや煮干し、

ねこまんまなどを食べさせ自由に外にも行かせるという

 

飼い方をしていて今考えると良くない飼い方だったな...

と思います。

 

命を飼うわけですから昔も今も簡単ではないのは、

当然で責任を持って飼わなければならないと思います。

 

現在は避妊手術は当然必要ですし食事も気を使わないといけません、

腎臓を悪くする猫がたくさんいるという話も耳にしますし、

 

高齢になってきたら病気がちにもなるでしょう。

 

しゃべれない猫だからこそ余計に気を配らないといけないし、

 

子供に対するのと同じように世話ができないならば、

飼う資格はないと思います。

生き物なのでいずれは亡くなってしまいます

 

全部で4匹の猫を飼った経験がありますが、

 

最初の猫の時に神戸から千葉に引っ越したので、

急に環境が変わり、

 

可哀そうなことをしてしまったと思っています。

 

新幹線で連れてきた時も凄いストレスだったと思うし、

新しい家で今までのように外に出した事もとても後悔しています。

 

とにかく辛いのは生き物が亡くなる事です、

寿命もありますが人間の勝手で飼って、

 

寿命を縮めてしまっている場合もあるのではないでしょうか?

 

私の両親は猫も外に出すのが普通だと信じている人間だったので、

怖がりな一匹以外の猫は皆外に散歩に出かけていました、

 

結果事故にあったり、

行方不明になったりしていなくなってしまいました。

 

子供ながら、事故にあった猫を見た時は息が止まるほど辛かったです。

事故を起こさなためにも責任を持ち飼うことです

 

亡くなるのも辛いのですが、

私の場合はもうひとつ猫が原因で事故にあったことがある事です。

 

あまり思い出したくはないのですが、

小学二年の夏休みに兄弟ふたりで自宅にいた時、

 

お腹がすいた兄がラーメンを食べようとして、

作って運んでいる所に猫が飛び掛かかりました。

 

結果、テレビを見ていた私は肩から、

手足にラーメンをかぶってしまって大火傷。

 

救急車騒ぎになってもちろん傷跡も何年も残ってしまいました。

 

猫の事は一ミリも恨んでいないのですが、

これがもし自分の子供で顔に火傷をおったりしていたらと考えると、

 

とても正気ではいられないだろうと思うのです。

 

飼うならくれぐれもきちんと皆が辛い思いをしないように、

 

人間が責任を持ったほうがいいと思います。

道具ではなく生き物として飼いましょう

 

猫は本当に可愛いし癒されます。

 

でも人間を癒すための道具ではないし、

 

共に生活する仲間としてきちんと世話ができる環境を整えてから、

飼うようにしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルマガでは、

ブログではあまり話していない私の猫体験を、
包み隠さず話しています。


他にも猫を飼う上で必要なこと、急なハプニングの対処法、
猫さんに長生きしてもらうために私がしていることを話しています。



メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です