いつかは猫とも別れが来る……それを乗り越えて大切な経験をしました

年齢:23歳

性別:女性

前飼っていた猫を思い出し、ショックから立ち直りました

 

初めて飼ったというか、

飼っていた猫は黒猫のミーという名前の雌猫でした。

 

彼女との出会いは私の親が私を出産する前から飼っていたことで、

私が生まれる前から我が家にいた、お姉さん猫です。

 

猫種はわかりませんが、

すごく毛並みが綺麗で上品な顔立ちで私が中学生になるまで、

 

一緒に時間が過ぎていったような感じで、

本当の家族のように感じておりました。

 

ただ、生き物には寿命があるのでミーは、

私が中学2年生の頃に亡くなってしまいました。

 

亡くなったことがショックで数年間は、

動物を飼うことができなかったのですが、

 

近所を歩いていた黒い野良猫をみてミーを思い出し、

私が高校2年生のころに新しく黒猫を飼い始めました。

 

熊に似ていたことからクマと名付けて飼っていました。

猫の性格は違いはありますが、どちらも可愛い

です

 

猫を飼ってわかることは動物は何を考えているかはわからないけど、

 

人間と同じでそれぞれに性格が違うことで、

性格の違いがまたかわいいと感じます。

 

最初に飼っていたミーは綺麗な毛並みの黒猫のせいか気高いような、

すごく凛としていましたが子供を馬鹿にするところがあり、

 

私が小学生のころは何もせず、

ぼーっとしているときに上から飛びかかってきて、

ひっかかれたり噛まれたりしていました。

 

2匹目のクマという雄猫は野良だったせいか言うことをまったく聞かず、

とにかく暴れん坊でずっと走り回っていて、

誰に対しても気に入らないと向かっていくような強気の猫でした。

 

いろいろな性格を猫も持っておりますが、

飼ってみるとどんな猫でも長く一緒にいると可愛くなります。

会社に行っている間は猫のことが心配

 

猫を飼うことは猫はぬいぐるみのように、

 

自分の思い通りになるものではないと、

覚悟しなければなりません。

 

また、自分自身が社会人になって思うのが、

自分が会社に行っている間大丈夫かなって心配になります。

 

餌代も人間と同じようにかかりますし、

トイレ掃除も定期的にしなければならないので、

 

猫を飼うのはめんどくさがりな人では、

ちょっと大変じゃないかなぁと思います。

 

あと動物を飼う上で避けては通れないことではありますが、

家の中が動物臭くなるのはもう本当に仕方のないことで、

 

どんなに消臭剤とかを使っても匂いは残ります。

 

猫を飼う上では仕方のないことなのかもしれません。

 

掃除しても爪研ぎをするので服や壁紙がぼろぼろになったり、

可愛いさで許せますが簡単にはいかないことばかりです。

動物を飼っている以上、覚悟しています

 

猫と生きていく上で大変なこと辛いことはたくさんあるのですが、

(洗濯機の裏にうんこをされたり、飼っていたインコを殺されたり)

 

やはり一番の辛いことといえば、

動物である以上避けては通れない別れというところです。

 

初めて飼ったミーという黒猫は、

亡くなる数日前からお腹が急に腫れてきて、

 

血尿を出すようになり動物病院へ連れて行ったところ、

子宮に細菌が入っていますと言われました。

 

私は悲しくてずっとそばにいたのですが、

次の日に学校へ行き、

家に帰ると私のベッドの上で亡くなっていました。

 

ずっと一緒にすごしてきたミーが死んだことがショックで、

私は何か見るたびにミーとの思い出がよみがえり、涙がでてきました。

 

動物を飼うと別れは必ずきますので、

そこは覚悟しなければなりません。

落ち着いたときに黒猫に出会い、ミーを思い出す

 

ミーが亡くなってから私は泣き続けました。

 

数年経って落ち着いた時に近所にいた、

黒い野良猫を見てミーを思い出しました。

 

(恥ずかしながら、

今ではそんなわけないだろうと自分でも思うのですが、

高校生だった当時はミーが生まれ変わって、

自分の前に現れたんだと思いました)

 

すぐに家に連れて帰り、

親と相談して飼うことに決めました。

 

別れは辛いことではありますが、

生き物と接するのは人間であろうと動物であろうと、

いつかは別れがあるものだと思うようになれました。

 

死を乗り越えてなんて綺麗事な言い方はあまり好きではないですが、

 

自分が家族と同様に大切に生きてきたペットが、

いつか急に亡くなるという経験は、

 

生死を見つめる大切な経験でした。

 

かわいいので、また猫を飼ってしまいましたが、

命ある限り一緒に生きていきたいと思っています。

イタズラされてもかわいいです、大切に飼いましょう

 

猫は平均して10年以上生きると思いますが、

いつかは別れがくること、

 

また10年後自分が変わらず一緒にいられるように、

大切に飼っていきましょう。

 

家がぼろぼろにされたり、

家具の裏にうんこをされるのなんてかわいいものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルマガでは、

ブログではあまり話していない私の猫体験を、
包み隠さず話しています。


他にも猫を飼う上で必要なこと、急なハプニングの対処法、
猫さんに長生きしてもらうために私がしていることを話しています。



メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です