環境が変わると猫もストレスから喧嘩をしますが、、、

年齢:43歳

性別:女性

子猫がよじ登る姿を見て猫の素晴らしさに気が付く

 

高校生のとき、

クラスメイトの家で子猫が生まれてもらってくれる人を、

 

捜しているということで家に帰って祖母や母に尋ねたところ、

元々動物が嫌いな家族ではなかったため、もらうことになりました。

 

子猫たちに対面するまでは2匹という話だったのですが、

クラスメイトも気に入っている猫と私が気に入った、

 

猫が気に入ってしまい+1匹(メス)を条件に、

気に入った猫と他2匹を家に連れて帰りました。

 

段ボールに入れてトイレトレーニングのために、

おしっこを湿らせた布をもらい車で家まで連れて帰ってくる途中、

 

元気な子猫が箱から出ようと一生懸命になってよじのぼる姿に、

 

今まで犬派だったのですが、

私って猫派だったんだと思った瞬間でした。

 

また普段家にいない父と猫をもらいにいったことも、

私にとっては猫って素晴らしいと思う理由のひとつでした。

猫が家に来たことで家族のコニュニケーションが良くなりました

 

私も兄も高校生になり家族が、

コミュニケーション不足なりつつあったので、

猫が来た事で家の中に猫がいる生活は、

 

猫の話題でコミュニケーションが増えて、

みんなが明るくなったようでした。

 

猫が家にいる生活はなれるまで大変で、

家の中を自由に歩き回れる状態だったので、

 

おしっこや糞のしつけをするまでの、

通りがかりに見つけるウンチには衝撃的でした。

 

3匹分だったのでトイレトレーニングが完了するまで大変でした。

 

次に、3匹ともがてんでばらばらの自由行動をするので、

(当然ですが)食べ物を無造作におけない、作り置きができない、

 

おやつなどのお菓子やパンも、

その辺に置くことができないということで、

 

食べ物の管理には気を使いました。

 

袋に入れていても袋を破って食べたり誤飲をしてしまうので、

それも気を使いました。

家の建て替えにより自由が少なくなり猫同士の喧嘩が増えた

 

猫と一緒の生活は楽しいもので、

寝ていると布団にもぐってきたり勉強をしていると机に上ってきて、

 

ノートの上にしっぽを乗せて、

邪魔してみたりと楽しい日々を過ごしていました。

 

猫3匹との生活が始まって5年ほどたったある日、

猫や犬のふけや毛のアレルギーを発症してしまい、

一緒に寝たり、もふもふすることが出来なくなってしまいました。

 

家の建て替えを検討していた時期だったので、

いままで家の中を自由に歩き回っていましたが、

 

建て替えの家には強化ガラス張りの猫部屋を作る事になりました。

 

猫部屋での生活は度重なる引っ越しと、

自由きままに歩き回れなくなったことで、

 

ストレスがたまりはじめ、

猫同士の喧嘩が増えてしまいました。

 

通るだけで「ふーっ!」と言うなどチンピラ化していました。

ケガをするようになりケージに入れたり運動させたりしました

 

喧嘩が増えてケガをするようになってしまったので、

動物病院に相談をするとケージに入れるといいということで、

 

一番喧嘩がひどい夜間はそれぞれ、

1匹ずつケージに入れるようにし、

 

運動量が増えるようにキャットタワーを設置したり、

窓ごしにペンライトで遊んだりしました。

 

ケージは横ならび上下と重ねて置いていたのですが、

隙間から手をだして喧嘩をしていたので、

ベニヤを挟むなど対策をしました。

 

夜はケージにはいっているので、

物を落とすほどの喧嘩はなくなりましたが、

 

昼間に喧嘩をすることもあり、その時はおもちゃで遊んだり、

イライラしている子をケージにいれたり外に出して、

 

抱っこしてあげるなどでストレスを改善するようにしていました。

 

最初は大変でしたが1か月もすると、

落ち着いて夜ケージに入れるだけで、

穏やかに生活できるようになりました。

かまってほしい、すり寄ってくる姿に安心します

 

猫はつんでれです。

 

人間が構いたいときは体をくねらせてスーッと抜けていきますが、

かまってほしいときは足の間をくるくる回って鼻の先からひげの先、

 

しっぽの先まで体に押し付けてくるなどとっても可愛いことをします。

 

私は愛されたい欲求がかなり強く、

両親がほとんど家におらず祖母に育てられたような、

家庭環境だったので、自分の存在意義を見失いがちでした。

 

なので猫がきまぐれではありますが声を変えて、

 

すり寄ってくる姿に私はこの子に必要とされてると思って、

安心の気持ちがわいていました。

 

また猫たちを触っている両親や祖母や兄の優しい表情が、

目の前で見ることができるのも安心のひとつで、

 

犬は散歩のときや一緒に外にいるときじゃないと見れない、

家族の表情を家の中で見られることが利点だなと思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルマガでは、

ブログではあまり話していない私の猫体験を、
包み隠さず話しています。


他にも猫を飼う上で必要なこと、急なハプニングの対処法、
猫さんに長生きしてもらうために私がしていることを話しています。



メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です