最低限のマナーを守って!猫をペットとして家で飼う上でのマナーとは?

年齢:35歳

性別:女性

簡単ではないと言われてきましたが子猫をもらい飼う事に

 

物心ついた頃から猫が好きで、ずっと飼いたいと思っていたのですが、

 

動物を育てるのは簡単ではないよという両親の言葉があり、

 

中学生になるまでは飼うことができませんでした。

 

両親も昔から動物が好きで、犬や猫、

鳥やハムスターなど多くのペットを飼っていたのです。

 

話だけは聞いていたので、いつも羨ましく思っていました。

 

ある日、父親の仕事関係の人から連絡があり、

子猫が沢山産まれたから見においで!と連絡があったのです。

 

この時は本当に見るだけのつもりだったのですが、

真っ白であまりに可愛くて両親が一目惚れしてしまい、

一番やんちゃで元気そうな子猫を一匹もらうことになりました。

 

6匹居た中で一番元気な白い猫は「チビ」と名付けられ、

我が家の家族になったのです。

少しずつ成長をして家に帰るのが楽しみでした

 

雑種のお母さんと雑種のお父さんから生まれた、

チビは本当に元気で本当にやんちゃでした。

 

母曰く、メス猫はトイレさえ覚えさせたら大丈夫だよというので、

最初は小さめのゲージに入れて、

おしっこの臭いをつけた猫用の砂を猫トイレにおいて、

トイレの場所を覚えさせました。

 

すると2回目から上手にできるようになり、

賢い猫ちゃんなんだなと感心しました。

 

無駄に泣いたりもせず、

お母さんと離れ離れになったのに強くて良い子だな、

早く一緒に沢山遊びたいな~と思っていたのです。

 

学校から家に帰り、

少しづつゲージから広い部屋に出したりすることで、

チビの構想範囲も広がり、家中走り回って遊んでいました。

 

家に帰るとチビが待っている!というだけで嬉しくて、

もともと動物好きだった両親も嬉しそうで、

 

チビの成長が楽しくて仕方ありませんでした。

野生本能が強く家中走り回りボロボロに

 

トイレの場所も直ぐに覚え、

無駄鳴きもしないので凄く飼いやすいと思っていたのですが、

 

元が野生の猫なので狩りの本能が強く残っており、

ベランダに雀が来たり、家に虫が入ったりすると、

 

捕まえようと家中を走り回るので、

綺麗だった家はボロボロになりました。

 

猫は昔から忍者と言われるくらいで、

色々な隙間に入ったり高い場所にまで無理にでも登るので、

 

部屋のクロスはビリビリに破れ、柱は爪とぎでギザギザになり、

大切にしまっていた天袋の中のぬいぐるみは、

 

チビとの闘いによって中綿が飛び出ていたのです。

 

野生の本能は強く、生きるという力強さはあるものの、

ペットショップの猫のようにゆっくり一緒に過ごすというよりは、

 

あくまでも猫は猫という線引きが必要なのだと実感しました。

発情期になりご近所のことも考えて避妊手術する事に

 

身体は本当に丈夫だったので、大きな病気などもなく、

家がボロボロになる以外は特に問題がないと思っていたのですが、

 

ある年齢になり家の廊下で「アオアオ」と鳴くようになりました。

 

ペットオッケーのマンションではありましたが、

 

流石に廊下夜な夜な鳴くと響くので近所迷惑になりました。

 

母親からこれは猫の発情期だよと教えてもらい、

可哀そうではありますが家で飼うと決めたので避妊手術をしました。

 

手術自体は簡単に終わりましたが、

傷跡が痛そうで見ていて辛かったです。

 

最初は傷を舐めないようにカラーをつけていたのですが、

ガーゼを外してからは自分で傷跡を舐めて治す姿に、

 

また野生の強さを感じました。

 

弱い子であれば傷跡が化膿してしまうこともあるそうですが、

チビはしっかりと自分で治しました。

かわいそうではありますが…

 

避妊手術の傷跡がジュクジュクしている間はカラーが付いていたので、

トイレもやりにくそうで、

 

手術なんかしなくても良いのでは?

と思っていたのですが、

 

人がペットとして家で飼うという事は、野生である一部分を、

消してしまわなければならないというルールがあり、

 

猫からすればただの人間のエゴだと思いますが、

 

家で飼うことのマナーでもあるのだと教えてもらいました。

 

痛い思いをして頼んでもいない手術をされた、

チビには申し訳ないという気持ちになりましたが、

 

一緒に生活していくうえで仕方がないことでもあるので、

このモヤモヤを自分で納得するまでに少し時間がかかりました。

 

ただ、ベランダに出ている時に、

オス猫と出会ってしまうかもしれないし、

 

知らない間に子猫が沢山産まれてしまっても大変だし、

責任がもてないので、

 

手術は飼い主の責任だと言い聞かせて乗り越えました。

ペットショップと親猫で育った猫との違いはあります

 

一概には言えませんが、

ペットショップで並んでいる猫は割と人間慣れしている子が多く、

 

早くから親猫とも離れているので抱っこされるのが好きな子が多い、

イメージがあるのですが、

 

少しの間、親猫と野生の環境で過ごしていた猫は、

ペットショップの猫に比べて、野生の本能が強く残っています。

 

後にペットショップの猫も飼ったことがあるのですが、

やはり本能の差は大きくあり、

 

野生の子は人と一定の距離を保ちたがりました。

 

甘えてくることもありましたが、べたべたされるのは嫌いで、

構いすぎると引っかいたり噛んだりしました。

 

ペットショップの猫は自分からやたらと人間に近づいてくる子で、

人間とべったりしたがる子でした。

 

猫に人間と同じように性格の違いや生き方が違うので、

それぞれの距離感を分かってあげるのが大切だと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルマガでは、

ブログではあまり話していない私の猫体験を、
包み隠さず話しています。


他にも猫を飼う上で必要なこと、急なハプニングの対処法、
猫さんに長生きしてもらうために私がしていることを話しています。



メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です