猫の多頭飼育ってどうなの?経験者が語るメリットとデメリットとは!?

 

猫にお友達をと考えたり、近所で運命の出会いがあったり・・・

もう1頭をお迎えしようかな?と考えている方必見!

 

我が家のにゃんこず6頭の生活をメリット、

デメリットを含め包み隠さずお話します!

 

手が届かないところまで~

 

まずはメリットから。

我が家のムートンさんと柚子さん。

この2頭は本当に仲良しなんです。

 

かなりの頻度で2頭行動をしていて、

一緒のベッドで寝ているのもしょっちゅう。

 

甘えん坊のムーさんが柚子相手に、

まくら代わりになっている姿なんて微笑ましくて・・・

 

この2頭が一緒にいて助かっているところは、

毛づくろいをお互いにしあっているところです。

 

自分ではどうしても届かないところであっても2頭いれば大丈夫!

ペロペロとしてくれてもう解決です♪

 

仲良しだとこんな感じに!

 

代理ママになれちゃう?

出産経験のある柚子さんは子猫が大好きなようで、

マロンがやってきたときに面倒をみてくれました!

 

離乳の時期は過ぎていたのですが、

母猫と離されたマロンはとても寂しそうにしていました。

それを見かねてか柚子さん登場です!

 

気が付いたら柚子さんから母乳が出るようになっていて、

マロンがそれを吸って大きくなっていました。

 

人間にはできないけど動物はできるって聞きますよね。

「ほんとにそんな事できるんだー」とかなり驚きでした!

 

マロンはママを思い出すことができたんでしょうかね?

 

この経験からか、後にざくろさん&ナナちゃんの幼猫コンビがやってきた時も、

マロンの時同様に母乳がでて、子育てをしていました(笑)

 

こうなってくれると子猫もあっという間に我が家になじんでくれるので、

本当に助かりました。

 

飼い猫の子猫が見られるかも?!

真剣に繁殖を考えているのであれば多頭飼育がオススメです。

 

自分の家の子であれば性格や体格など他の家の子よりは断然わかりますよね。

それにどんな環境で育ったかも理解しているし、

ワクチンだって打っているかいないかわかります。

 

発情のタイミングを見計ることも、

多頭飼育なら簡単ですね。

 

いままでの経験上、素人の繁殖はあまりおすすめしませんが、

これもメリットの一つと言っていいと思います。

 

個性が光って面白い!

 

同時に色々な猫(種類・毛色・目色・性別・大きさなどが違う)を飼える。

というのもメリットですね。

 

我が家の6頭は同じ種類の猫達なのですが、

本当に個性が様々で驚きや発見なんて日常茶飯事なんです!

 

女王柚子さんが最初に我が家にやってきた時、

次にやってきたムートンさんを知るまで、

「この種類はこの性格なんだね、なるほど。」

と思いこんで疑わなかったですからね~。

 

私はなんて浅はかなんでしょう(笑)

人間だって日本人が全員一緒ではないのにね、

と今なら思います(笑)

 

同じ種類だってこんなにも違いがあるのに、

違う種類だったらもっともっと個性が光るのででしょうね!

 

コイツきらいだニャッ!!!

ここからはデメリットの紹介です。

 

実はマロンさんなのですが・・・

柚子さん以外のにゃんこ達皆に嫌われています。

 

何かしでかしたのか?

それとも受け付けないニオイを発しているのか・・・

私達夫婦はその理由がさっぱりわかりません。

 

強いて言えば人(猫?)一倍元気で若干テンションが他の皆と違うことくらいです。

とにかく何故か誰とも一緒に出来ないほど仲が悪いのです。

 

2Fをにゃんこずの生活空間にしている我が家ですが、

仕方なくマロンさんだけは1F。

一緒にいるとハウスからマロンさんが出られないので仕方がないですよね。

 

我が家は6頭いるうち1頭だけこんな感じなのでまだいいですが、

迎えた猫それぞれが不仲だったら、

部屋分けがものすごく大変ことは間違いないです。

 

いろいろな沢山に遭遇

 

なにが沢山なのかってもう全部です。

ご飯やウンチ、トイレの数、水入れやもうとにかく全部です!

 

掃除の手間も1頭の時とは比べ物にならないほど増えました。

特に毛が大変です!換毛期にはとんでもない量の毛玉と戦っています。

 

ワクチンに去勢・避妊・・・

金銭的に一番ダメージを負うのが病院費だと思います。

 

我が家は3種ワクチンを打っていて、

1頭辺り五千円程度なのでそれだけで年間三万円です。

 

他に去勢代・避妊代なんかもかかってきます。

もちろん怪我やちょっとした体調不良でも連れて行ったりするので、

一体私はこの子たちにいくら使っているんでしょうね・・・

 

この間病院に行った時ついに先生から

「いつもありがとうございます。」

といわれてなんだか複雑な気持ちになりました(汗)

 

賃貸だと大変?

6頭と引越しを考えた時期がありました。

 

ペット可の物件というだけで限られてくるので、

賃貸で3頭以上の飼育はとても難しいんじゃないかなと思います。

 

どの不動産屋さんにいっても猫を6頭飼育できる物件なんて、

ほとんど無いんです。

あっても3頭までが限界でした。

 

壁紙がおもいきり剥がれてしまっていたり、

床や備え付けの家具にも大量の傷がついてしまうことも。

そうなると引き払うときの請求が怖いですね。

 

当時の私は不動産屋さんのおばあちゃんの家を、

「空き家状態で築年数もかなり経っているからここなら。」

と借りることができました。

 

さらに引き払う時には初めから古かったという理由で、

追加請求されませんでした。

これはかなり幸運な例だと思います。

 

まとめ

 

メリット

  1. 毛づくろいをしあってくれる
  2. 子猫の面倒をみてもらえる
  3. 繁殖するときは多頭飼育がラク
  4. 色々な猫を一度に飼うことができる

 

デメリット

  1. 猫同士の相性が合わないと大変
  2. 色々な量が増えていく
  3. 病院などで金銭的に負担がかかる
  4. 物件探しが大変

 

にゃんこずとの生活を振り返って気づいたのが、

もしかしてデメリットの方が多いかも・・・

ということでした。

 

ですが1頭1頭を見てみると、この子をうちに迎えて良かった。

と思えるので、この生活を続けて行けるんだと感じています。

 

我が家でのお話が参考になればと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルマガでは、

ブログではあまり話していない私の猫体験を、
包み隠さず話しています。


他にも猫を飼う上で必要なこと、急なハプニングの対処法、
猫さんに長生きしてもらうために私がしていることを話しています。



メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です