猫の多頭飼いには注意!猫同士が仲良くできるように心のケアが必要です!

年齢:52歳

性別:女性

2匹のシャム猫でしたが性格は違いました

 

始めて猫という生き物を飼いました。

 

名前は「茶々麻呂」と「夢千代」母が名付けました。

 

なぜ源氏名なのか良く解りませんが、母が気に入っていて、

通称「茶々」と「夢」と猫には呼びかけていました。

 

2匹ともシャム猫で雄。「茶々」は細身の美男子って感じ。

 

シャム特有の顔立ちで、神経質でちょっと攻撃的でした。

 

「夢」の方はこれまたシャム猫とは程遠い風貌で、丸くて、

どちらかと言うと狸顔?同じ兄弟なのに全然似ていませんでした。

 

性格もおっとりに見えたけど、そこはシャム猫なので気は強い気質。

 

でも愛嬌がたっぷりあって、甘え上手な感じでしたね。

 

「茶々」は人見知りが激しかったので、

 

同じシャム猫でも、

性質がすごく違うのだなと感心していました。

2匹でよく喧嘩をして悩まされました

 

始めて猫を飼うことになって、

猫の飼い方も解らないまま猫との生活が始まりました。

 

始めは「茶々」だけ知人から譲り受けたのですが、

猫との生活が慣れた頃、

 

もう一匹貰って欲しいと打診されたのが「夢」既に母が溺愛していて、

もう一匹いても良いかと軽く承諾して「夢」がやってきました。

 

でも、ここからが大変だったのです。

 

「夢」は甘え上手で誰にでもなつく。

 

でも「茶々」は甘え下手で、神経質なので扱いが難しい。

 

でも、「夢」の方が愛されていると解っているらしく、

すごい焼き餅を焼いていた。

 

だから時折2匹のバトルはすごかった。

 

もう家族でも怖くて止められないくらいの喧嘩をした。

 

ある晩、また2匹の喧嘩バトル。

 

私が引き離そうと「夢」を抱きかかえたら、

「茶々」が私の足の太ももに爪を立て掴みかかってきた。

 

案の定、見事な引っ掻き傷を太ももに付け、

凄まじい青あざになりました。

 

その翌日私はグァムに旅立つ予定でした。

 

太ももに大きな青あざと、引っ掻き傷を付けて旅立ちました。

 

水着になったときの、足の無様さと言ったら、

それはもう目立つし海水は滲みるしで痛かったです。

 

それから「夢」は交通事故に逢いあっけなく亡くなりましたが、

暫く「茶々」が「夢」の姿を探していたのが印象的でしたね。

 

あれほど喧嘩ばかりしていたのに、

いないと寂しいのかな?でもすごく攻撃的だった、

 

「茶々」がすっかり大人しくなって、甘えるようになったので、

やはりすごく構って欲しかったのでしょうね。

 

性格も穏やかになりました。

猫に愛情を注ぎ家族間の関係も良くなりました

 

2匹の猫をいきなり飼うことになり、戸惑いも多かったのですが、

 

猫の性質というか、面白さと言うか、愛情を注げば、

 

注ぐほど、自分に跳ね返って信頼してくれている姿は、

本当に愛らしい物でした。

 

家族間もギクシャクした関係でしたけど、猫を通して、

普段のなにげない会話も弾み、、

コミュニケーションが出来る様になりましたね。

 

誰もが猫の事を気遣い、愛情を持って接していたので、

家の空気も賑やかになりました。

 

猫が家にいるだけで、穏やかになれる毎日は素敵な物でした。

 

特に母の溺愛振りはすさまじく、まるで赤ちゃんを育てるように、

かまっていましたね。

 

母も子供が大きくなって子育てから離れて寂しかったのかと思います。

 

その矛先が猫に向かったので、

いつも怒りぽい母も穏やかになりました。

猫同士が仲良く出来るように心のケアが必要でした

 

猫は自分でトイレもするし、エサも用意すれば食べて、

あとは好きなように生活しているので、

 

比較的楽な世話の仕方で飼いやすいと思いました。

 

だから何匹でもそんなに苦労はないと思いましたが、

やはりそれぞれの性格があり、縄張りがあり、

猫同士の性格面でのケアが必要だと痛切に感じました。

 

2匹以上飼う方は、猫を皆平等に扱い、

エコ贔屓なく愛する事を望みます。

 

猫の縄張り争いには、本当に苦労したので、

猫の性格を良く理解して猫同士が仲良くやっていけると良いですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルマガでは、

ブログではあまり話していない私の猫体験を、
包み隠さず話しています。


他にも猫を飼う上で必要なこと、急なハプニングの対処法、
猫さんに長生きしてもらうために私がしていることを話しています。



メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です