知らないと大変!猫のワクチン接種について調べてみた!

 

我が家には犬と猫が居るのですが、

犬は毎年狂犬病の予防接種のお知らせが市から送られてきます。

 

一度犬の体調不良で接種が遅れた時には、

なぜ接種していないのか確認するはがきがやってきました。

 

狂犬病の予防接種は、

飼い主の義務と法律で決められているんですよね。

 

しかし調べたところ、

猫の予防接種は義務つけはされていません。

 

義務でないのであれば、

「完全室内の我が家の猫には必要ないのではないか!」

と思い詳しく調べてみました!

 

ここでは我が家の体験談と調べたことをお話しします。

 

予防接種の目的

 

予防接種の目的は、

人間のインフルエンザワクチンと同じように病気への感染を予防し、

もしかかったとしても重症化を防ぐ為に行います。

 

もし病気を発症したとしてもウイルスを死滅させるような薬はない為、

予防接種を行い抗体を作る必要があるそうです。

 

予防接種の種類

 

最も一般的な物は3種混合で、

これにワクチンを追加する形で4種、5種、7種があります。

 

3種混合

猫汎白血球減少症・猫ウイルス性鼻気管支炎・猫カリシウイルス

 

4種混合

3種混合+猫白血病ウイルス感染症

 

5種混合

4種混合+クラミジア感染症

 

7種混合

5種混合ワクチンのうちのカリシウイルスを

さらに3タイプに分けて作られた物です。

 

※猫白血病、猫エイズに関しては単体接種も可能です。

 

猫エイズのワクチンはなぜ混合接種に含まれていないの?

 

猫エイズのワクチンは2008年から接種が可能になっていますが、

 

このワクチンに関しては勧める医師ばかりではなく、

あまり良い意見を持たない医師もいます。

 

猫エイズウイルスは遺伝子の構造により、

A~Dの型があり、これがさらに細分化しています。

 

この中で猫ワクチンの効果が確認されているのは、

A、B、D1の型だけです。

 

一部地域で確認されている、

C、D2に対する効果は未確認だそうです。

 

予防接種の副作用も0ではなく、

効果も確実ではない為推奨されていないのですね。

 

このような理由で混合接種のワクチンには入っていないようです。

 

完全室内飼いでも予防接種は必要?

 

確かに完全室内飼いの猫は、

他の猫との接点もなく感染の可能性は低いです。

 

しかし、

飼い主が他の猫と接する機会は0ですか?

猫を飼っている人と会う機会は0ですか?

 

この両方が0と言える方は少ないのではないでしょうか。

 

…ということは、

飼い主が外からウイルスを持ち帰る可能性もあるということです。

 

何かのアクシデントで猫が外に出てしあう可能性もあります。

 

つまり、完全室内飼いでも予防接種は必要なわけです。

 

飼い主がウイルスを運ぶなんて考えもしませんでしたが、

猫が外出しなくとも飼い主は外出しますもんね・・・

 

自己判断で予防接種を辞めなくて良かったです(^^;

 

我が家の予防接種体験談

ここで我が家の二匹の予防接種体験談をご紹介します。

 

二匹とも拾った猫で、拾った当初は猫風邪にかかり治療をし、

状態が落ち着いてから予防接種を行いました。

 

二匹の経過が少し違いますので、わけてご紹介します。

 

ミー子の場合

 

生後6か月で拾いすぐに猫風邪の治療を2ヶ月程行いましたが、

 

症状は緩和したものの、

時々くしゃみをするような状態で予防接種を行いました。

 

その際の医師から、

2ヶ月の治療の実績から母子感染したものと考えられ、

 

治療開始が遅かったため、

これ以上の症状の改善は難しいと説明を受けました。

 

また、猫風邪といってもヘルペスウイルスが原因か、

カリシウイルスが原因かは判断しかねるとのことでした。

 

猫白血病と猫エイズは検査可能とのおとだったので検査をし、

陰性だったので3種混合のワクチンを接種しました。

 

費用は検査4000円、

予防接種3000円の合計7000円でした。

 

予防接種後、時々くしゃみはありますが症状は軽く体調も良いです。

 

レー太の場合

 

生後2か月で拾いすぐに猫風邪の知慮を行いました。

症状はミー子よりも軽く、

内服治療と吸入で2ヶ月程で無症状になりました。

 

レー太も猫白血病、

猫エイズともに陰性であったので3種混合のワクチンを接種しました。

 

レー太はその後無症状の状態が続いています。

 

まとめ

 

1. 予防接種の目的

2. 予防接種の種類

3.猫エイズのワクチンは何故混合接種に含まれていないの?

4.完全室内飼いでも予防接種は必要?

5.予防接種体験談

 

以上についてご紹介しました。

 

具体的にどんな予防接種をするかは飼育環境や健康状態にもよると思います。

 

信頼できる獣医師さんにご相談下さいね。

 

また、費用についても病院により違いがるようなので、

参考程度にご覧くださればと思います。

 

大切な猫が元気に暮らせるよう、

ワクチン接種でお手伝いしてあげましょう^^

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルマガでは、

ブログではあまり話していない私の猫体験を、
包み隠さず話しています。


他にも猫を飼う上で必要なこと、急なハプニングの対処法、
猫さんに長生きしてもらうために私がしていることを話しています。



メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です