一緒に生活していくうちに会話がなくても猫の気持ちが伝わるように

年齢:38歳

性別:女性

猫を飼っていた期間:6年

遊びに来てくれる猫を懐かせて飼う事

庭に遊びにきている野良ちゃんを保護しました。

 

何度も来てくれているからにはここの居心地を少しは、

気に入っているだろうし、

このまま放っておくと、

病気や事故で死んでしまうかも知れないと思い、

 

長期に渡って餌付けをして、

警戒心を和らげて猫の行動範囲を広げさせていきました。

 

だんだん近づける距離が短くなっていき、

ご飯を食べている様子を眺めていても許してくれるようになり、

安心して食べて良いんだよという関係性を築いていきました。

 

もともと犬や猫といった動物が好きで、当時は何も飼っておらず、

その猫を保護しても少なくともライバルになる対象はいなかったので、

飼うことに決めての餌付けでした。

 

野良ではなくうちの子としてもっとよい生活を送ってくれたらと、

思ったのがきっかけです。

今では家族の一員として責任を持って預かっています

 

保護して命を預かっているという責任感がありました。

 

野良でしたので警戒心が強く最初は苦労したのですが、

だんだん気持ちを許してくれるようになり、

そこに至までの挑戦や工夫には毎日奮闘しました。

 

うちの子で良かったと思ってもらいたい、

幸せな人生を送ってもらいたいという気持ちはとてもありました。

 

会話はできませんが、何を考えているのか大体分かるようになると、

言葉を発して接するようになります。

 

猫という家族が増えて、相手の気持ちを考えたり、

ときには喧嘩したり、慰めてくれたり、一緒に笑い合ったり、

かけがえのない存在になります。

 

辛いことがあっても猫に接すると癒やされたり、

まあイタズラされたりして叱っちゃったりすることもありますが、

そのようなメリハリが気持ちに潤いを与えてくれます。

猫の行動を見て考慮して臨機応変に対応する

 

人間のような会話はできないので、猫が何を考えているのか、

何をしたいのかを知るのが大切であり、

それが原因不明だと悩んでしまいます。

 

こちらのエゴではなく快適な生活をお互いに送っていく、

日々のバランスを常に心に留めている必要があります。

 

あと、猫といえば爪研ぎの問題です。

 

爪は切っていましたが、最初の頃はやはり壁等を傷付けてしまい、

その補修作業や対策は避けては通れない悩みだと思います。

 

トイレも猫砂との相性がある日急に変わったりすることもあります。

 

この子は猫であって人間ではないのだから、

こちらが考慮してあげて対策や解決に持って行く、

 

臨機応変さは飼っている以上の最低義務です。

 

自分がしっかりしなければ、という責任感は課題です。

猫にるタイミングは分からせるためにも重要です!

 

猫が悪いことをしたときは、何が悪いのかを教える必要があるので、

すぐに目をじっと見つめて、こっちは怒っているんだよ!

という意思を伝えます。

 

さっぱり意味がわからない猫は最初は???ですが、

同じ失敗をする度にこちらもそうしていくと、

猫はこれが悪いことなんだと分かるようになってきます。

 

叱るときは何が駄目なのかを分からせることで、

ポイントは行為をした直後です。

 

なあなあになったり直後でないと、

猫の立場として何が何なのか分からなくなります。

 

爪研ぎ問題では、

これはもう猫の本能なので叱っても仕方がありません。

 

壁や家具に透明保護シートをベタベタ貼り付けて、

家としての景観は悪くなりますがこれは猫飼いの宿命です。

 

爪にはめるゴムキャップも試しましたが、

日が経つと接着が弱まり取れてしまい、

家の中に極小トウガラシのような物がポロポロと落ちます(笑)

 

トイレでは、猫の体調等により猫砂の相性が変わったりするので、

その都度買い換えて試しました。

一緒にいるだけで幸せで手のかかる宝物です!

 

まずは家族の一員としてかけがえのないパートナーと思える、

心の支えを与えてくれることが何事にも変えられません。

 

ぬいぐるみのように可愛くて、モフモフとした毛玉みたいで、

暖かくて、ときには困ったちゃんで、

この猛烈に可愛くて手がかかる生き物は宝物です。

 

もしいなくなってしまったら立ち直れないし、

この子を一生大切にするんだという、

毎日の幸せ感が自分を作ります。

 

見ているだけで幸せ、触るともっと幸せ、

こんな素晴らしい毛玉のような生き物は天使です。

会話は出来ませんが一緒にいると分かってきます

 

猫は人間のように会話はできませんが、

 

何を考えているのかは生活を一緒にすると、

分かるようになってきます。

 

こちらのエゴではなく1つの命であるということを、

念頭に置いて接していくと円満に過ごしていけます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルマガでは、

ブログではあまり話していない私の猫体験を、
包み隠さず話しています。


他にも猫を飼う上で必要なこと、急なハプニングの対処法、
猫さんに長生きしてもらうために私がしていることを話しています。



メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です