愛情を込めて接しよう!捨て猫にも心はある!

年齢:33歳

性別:男性

猫を飼っていた期間:4年以上

捨て猫を家で飼うことに

2013年の春頃でしたか。

 

私が近所を散歩をしていると記念碑の下でキュンキュン鳴いている子猫が。

 

白と黒のハチワレの女の子。

 

周りを見渡しても何の気配もありません。

いなくなってしまった母猫を呼んでいるのでしょうか。

 

かわいそうなので、拾って家で飼うことにしました。

どこかの心無い人に捨てられてしまったのでしょう。

 

まだまともに歩くこともままならないのに、

捨てられるなんてかわいそうです。

 

ミルクと子猫用のキャットフードを与え、

コンテナ箱の中に使わなくなった毛布を敷いて寝かしつけました。

 

程なくして、我が家の人間にも慣れてくれるようになり、

初めはてのひらほどサイズしかありませんでしたが、

今ではすっかり成猫になりました。

 

もはや欠かせない我が家の一員です。

我が家にとっていなくてはならない存在に

猫と一緒に生活するようになって、

気持ちが穏やかになりました。

 

心が荒むようなこと、嫌なことがあった日でも、

猫の顔を見れば幾分心が安らぎます。

 

私は性格的にイライラすることが多かったのですが、

その頻度は減って来たように思います。

 

イライラしてきても、猫の頭をなでたり、

抱っこしたりするとそんな気持ちは和らぎます。

 

手のかかることもないではないけれど、

彼女が家に来てくれて良かったなと思います。

 

家の中の雰囲気がやわらかくなったと言えばよいでしょうか。

 

彼女は直接的に何かをしてくれるわけではないけれど、

確実に私達家族の心を和ませてくれています。

 

我が家にとってなくてはならない存在です。

 

いてくれるだけで私達人間の生活を豊かにしてくれていると思います。

時折見せる噛む癖は寂しさから出る行動…

 

捨てられて母親と早くに別れてしまったせいか、

時折問題行動が見られました。

 

絨毯やカーテンを噛んだり、

私達人間の指を噛んだりと噛みぐせが直らなかったのです。

 

とくに一人ぼっちにしていたり、

構ってあげる時間が不十分だと、

 

その傾向は顕著に見られました。

 

人間の言葉を話さないから、

彼女の気持ちのすべてを推し量ることはできませんが、

いたたまれない気持ちになりました。

 

彼女は彼女なりに寂しい思いをしたり、苦しんだりしたのでしょう。

 

しかし、噛むといっても、

本気で傷つけようと噛み付いているわけではないというのが、

 

その力加減でわかりましたから、彼女のことが嫌になったり、

憎んだりということはありませんでした。

 

むしろどうにかしてあげなければと思いました。

心の隙間を埋めるためには…

 

なるべく一緒に遊んであげたり、

なでなでしたりしてスキンシップを密に取ります。

 

そんなに高価なものはありませんが、

破損しても構わないような絨毯やカーテンを使用します。

 

おそらく不安からくるものなのでしょうから、

なるべくストレスを与えないように優しく接します。

 

現在、4歳と数カ月ですが、

以前と比べると問題行動の頻度は減ったように思います。

 

それでも時折不安になることはあるようですから、

こちらも根気よく愛情をもって接するように心がけています。

 

猫とはいえ、こころを持った存在なのですから、

一朝一夕に効果は得られません。

 

普段の接しかた、

積み重ねが大事なのではないでしょうか。

 

人間の間にある「信頼」とそれはなんら違いはないと思います。

家に来てくれて本当に感謝

 

家に帰ってきて、足元に擦り寄ってきた猫を抱っこして、

その暖かな体温やゴロゴロ音に触れていると幸せな気持ちになります。

 

疲れていても癒やされます。

 

見た目もしぐさもかわいらしいですから余計に愛おしく思います。

 

今ではこれが日常ですが、以前はこんな気持ちにはなれませんでした。

 

幸福感を感じます。

 

最初のうちは、うまく育てられるか、

我が家に馴染んでくれるか不安もありましたが、

 

今では彼女が家族の一員になってくれて、

 

ありがとうという感謝の気持ちしかありません。

猫を一度飼ってみるといいですよ

 

猫はそっけないなんて言われますが、

決してそんなことはありません。

 

愛情をかければそれに応えてくれます。

 

我が家の猫はいつも私の体の上に乗っかって擦り寄ってきます。

 

猫を飼ったことのない方、苦手意識をお持ちの方、

 

ぜひ一度猫の魅力に触れてみてください。

 

癒やされますよ。

 

小さいけれど一つの尊い命なのですから、

しっかりと面倒を見てあげてくださいね。

 

少しでも捨て猫などのかわいそうな子達が減ってくれることを望みます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルマガでは、

ブログではあまり話していない私の猫体験を、
包み隠さず話しています。


他にも猫を飼う上で必要なこと、急なハプニングの対処法、
猫さんに長生きしてもらうために私がしていることを話しています。



メルマガはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です